きれいになるための朝の過ごし方のポイント

いつまでも眠っていたい、目覚まし時計をいくつもセットしないと起きられない、こんなことに思い当たりませんか。しかし、1日を充実して過ごすためには朝の過ごし方が重要です。また、朝すっきりと目覚めてどのように過ごすかがきれいにも影響します。

 

きれいになるための朝の過ごし方のポイントは、朝日を浴びることと朝食を食べることです。この二つがきれいを作ったり、質のよい睡眠へと導きます。肌が修復されるのは、夜寝ている間です。そのため、質がよい睡眠を手に入れることは重要です。

 

きれいな肌を作るためには寝ている間に成長ホルモンが分泌されることが重要です。そのためには、質がよい睡眠をとる必要があります。睡眠を促すホルモンがメラトニンです。メラトニンは朝日を浴びて14~16時間後に分泌されます。朝日を浴びることで夜にメラトニンが分泌される準備が整います。

 

忙しかったりお腹が空かなくて朝食を抜いていませんか。朝食も質のよい睡眠のために大切です。

 

メラトニンを作るために、その原料になるアミノ酸の一種トリプトファンが必要です。朝食でトリプトファンを取り入れましょう。大豆、乳製品、卵などに含まれています。トリプトファンを合成するためにはビタミンB6も必要です。ビタミンB6は卵、納豆、サバ、鮭、バナナなどに多く含まれています。

 

朝食を作っている時間がないときでも、納豆やヨーグルトなら食べやすいと思います。どちらも冷蔵庫から出してそのまま食べることができます。
朝食を食べることで腸の働きが促されて便通がよくなる働きもあります。便秘になると肌荒れがひどくなる経験があるかもしれませんが、便秘を解消することで肌に必要な栄養の吸収がよくなったり、肌代謝が整います。

 

毎朝決まった時間に起きることも大切です。週末だけ普段よりも遅く起きたり、起きる時間が不規則だと、体内時計が狂ってしまって時差ボケのような状態になります。体内時計が狂うとホルモンバランスに影響を与えます。起床時間を一定にすることでメラトニンの分泌も整います。